裂帛登攀

Nature does nothing in vain.

【男鹿】2020/11/29 タイラント 完登


タイラント 初段

2020/11/29(日) 天気:曇り時々晴れと小雨
先週敗退したタイラントだが、なんとなく次は行けそうな気がしていた。各セクションはすべてバラせていたので、後はつなげるだけだった。
まぁ、それが難しいのだが…。

タイラントについて

剛力初段と合わせて今年の目標だったタイラント。スタートが壮絶でできればやりなくないと思っていたが。剛力を落としてからは真面目にトライを重ねていた。苦しんだのは各セクションのフック。特に最初や上部でデッドする際のヒールフックではシューズが脱げてしまって大変だった。
敗退を繰り返す日々が続き、男鹿に通った回数は5~6日くらいだろうか。

www.yell-climbing.com
www.yell-climbing.com
www.yell-climbing.com
www.yell-climbing.com

完登

  • シューズ:(左足)スポルティバ ミウラー EU38.5(5年前モデル) (右足)スカルパ インスティンクトVSR EU40
  • チョーク:RockTechnologies
  • チョーク下地:GRIP ON(アドフリクション)
  • チョークバッグ:MOON ボルダリングチョークバッグ
  • オプション:UP ATHLETE EAA6200+NO

先週のトライがあったからだろうか、今回は5トライを消費しても前腕のパンプがきていない。トライ中に飲んでいるEAAも少し効果がある気がするが、やはり下部のムーブが最適化&自動化できているのが大きい。
スタート直後に右手を送って角上のホールドをラップし、左足のトゥフックで身体を固定できるとまずは一安心。あとはいちばん苦手な核心部のデッドに向けて落ち着いて身体をポジションに入れていく。
ここまでの5トライの中でムーブを完全に確定し、6トライ目でイメージを完璧になぞることができた。

デッドが止まれば足に気をつけて身体を安定させる。抜けは焼きおにぎり2級の後半と同様なので「ここまでくれば大丈夫」という確信のもとに落ち着いて処理できた。



UP ATHLETE EAA6200+NO